• Concept
    ConceptConceptConceptConceptConcept
  • Staff
    StaffStaffStaffStaffStaff
  • About
    About UsAbout UsAbout UsAbout UsAbout Us
  • Works
    WorksWorksWorksWorksWorks
  • Renovation
    RenovationRenovationRenovationRenovationRenovation
  • Blog
    BlogBlogBlogBlogBlog
  • Contact
    ContactContactContactContactContact
お問い合わせ

News

ニュース


2021年

2021年も終わりとなります。

今年も、コロナウィルスは完全に終息することはありませんでした。

建築業界では、ウッドショックによる物の高騰や遅延だけでなく

行動が制限されたり、打ち合わせのスタイルの変化があったり

その対応に追われる大変な1年でした。

 

ただ、その中で、弊社を選んで頂き、沢山の打ち合わせを繰り返し

素敵な家を完成させたオーナー様に出会うことが出来たこと嬉しく思います。

 

素敵な家を完成させる為に関わってくださった方々に感謝を感じて

今年最後の日を迎えます。

 

来年も更にいろんな出来事が起こるかもしれませんが

スタッフ、業者さん、オーナー様と共に乗り越えていきたいと思います。

寒くなってきましたが、皆様お身体ご自愛頂き

素敵なお年をお迎えください。

 

年末年始の休業日につきましては

2021年12月30日~2022年1月4日

までを休業日とさせていただきます。

皆様には大変ご迷惑をお掛けしますが

ご了承いただきますようお願い申し上げます。

2022年1月5日から通常営業を開始いたします。

来年も変わらずお引き立て宜しくお願いし申し上げます。


POWDER ROOM

あっという間に1月が終わりました

でも、まだ寒いですね。

今月は、飯塚市で2件のお引渡し予定があります。

 

プラン提案の時点で洗面、脱衣を分けた提案をよくします。

 

今回、お引渡しする2件とも洗面、脱衣が別々となるプラン

今回のブログは洗面、脱衣室について

飯塚市でお引渡しとなる家

約3.5帖となる脱衣室です。

家族3人の下着やタオル、洗濯物などを分けて

収納できるようになっています。

天井からも雨の日などに使える物干し金物が設置されています。

 

脱衣室と洗面が離れたプランの場合

洗面はオープンとなりますので、家族以外に

お客さまも使うことができます。

洗面、脱衣が一緒になったプランだと

洗面台、洗濯機、収納など限られたスペースの中で

なかなか洗面スペースを広くとるのは難しくなりますが

別々にすることで、家族で並んでも使える大きい鏡が設置

することができるというメリットがあります。

 

 

以前、お引渡しした家の脱衣室です

こちらの家では

洗濯流しや、アイロン台を設置しました。

収納部分も、打ち合わせの際に

無印良品の物で計画し、すっきり収めています。

 

収納の打ち合わせでは、無印良品や、IKEA,ニトリなどの

収納家具に合わせてレイアウトすることも多いです。

 

洗面スペースはボールを片方に寄せて

片方を奥様の化粧スペースとしました。

 

こちらの家は、洗面スペースと

ファミリークローゼットが繋がったプランとなっています。

家事動線が楽になるプランです。

こちらの家も洗面は別での提案

 

ただ、メリットばかりではありません

洗面、脱衣を分けるデメリットは、

その分のスペースが必要になる事

オープンになるので、おしゃれにしないとかっこ悪い事

でしょうか。

 

ただ、家族が毎日使うスペース

家事への負担や使い勝手

プラン制限などを検討していくと

メリットの方が多く感じられると思います。

 

毎日使うところだから、おしゃれにしたい

洗面の場所にこだわらなくていいので、

今のコロナ禍などの影響で、玄関近くに設置するケースもあります。

脱衣室も洗濯して、干して、収納が一貫して出来る

などお客さんの満足度も高いです。

 

今後は、無印良品やIKEA、ニトリなどの商品もっと利用できる提案と

子育て世代のお客様には乾燥機などを設置する提案なども増やしていきたいと思っています。

 

今回は、洗面、脱衣について書かせていただきました

 

今後の家造りの参考になったでしょうか?

毎日の生活をシンプルに、そして豊かなものになるように

 

 

 


上棟

明けましておめでとうございます。

今頃!

今年にはいって最初のブログになってしまいました。

 

年末、新築1件お引渡し、リノベーション2件お引渡し

年明けから1月末完成予定のお引渡し2件の段取りと

新築3件の着工準備とバタバタしておりまして

そして、1月半ばには、あの大雪のおかげで

段取りが大きく変わりまして...

すいません、言い訳です。

 

今年も新築、リノベーション、リフォームとも

「暮らしを愉しむ」をコンセプトにご提案していきたいと

思っていますので、今年もよろしくお願いします!

 

今年1件目の上棟

上棟と言っても住宅ではありません。

管理事務所の新築になります。

無機質な管理事務所では味気ないので

天井を木のあらわしで優しい雰囲気で

癒される空間になればと思い

ご提案させていただきました。

 

住宅だけじゃなく、事務所や店舗も

工事させていただいております。

 

そして、完成を控えた2現場、2件とも飯塚市内での建築です。

31坪の平屋の住まいです。

水平ラインですっきりした外観にしたかったので

寄棟のガルバリウム横葺き仕上げとしました。

深い軒と軒の木目がいい感じです。

完成に向けて仕上げ工事に入ってます。

床下エアコンを利用した全館空調となっている住まいです。

 

 

もう1件の飯塚市の現場も仕上げ工事に入っています。

 

 

こちらは5人家族の30坪の住まい

外観は黒を基調としたモダンなスタイル

30坪のスペースに子供部屋を3室を確保し、寝室も1階に配置したプラン

収納も確保されたプランは子育て世代には参考となるプランです。

 

今年から始まった現場

1件は北九州で始まりました現場

基礎工事は月末完了予定、来月はいよいよ上棟です。

45坪の敷地に40坪の新築工事

狭小地にガレージのある洋風の2階建てとなる住まいです。

 

もう1件は飯塚市で始まっている現場

こちらもガレージのあるプラン

室内は、スキップフロアやアイランドキッチン

インテリアもモダンスタイルと

完成が楽しみな現場です。

 

今年最初のブログがかなり遅れてしまったので

色々載せてしまいましたが

来月からは、コンスタントに家造りのヒントになるような

ブログを載せていきたいと思います。

 

今年もよろしくお願い致します。

 


2020

皆様におかれましては今年はどのような年になりましたでしょうか。

ここ近年は、家に関する出来事として台風などの災害関係の話を年末にしてきましたが

今年は、「新型コロナウイルス」に尽きるんじゃないでしょうか

 

住宅関係でも資材が入らないなどで影響を受けました

いつ終息するか分からない不安で、家に対するモチベーションも下がり

対面での打ち合わせが難しくなり、イメージの共有や伝え方など難しさがありました。

 

ただ、悪いことばかりでもなく、コロナから身を守ることが「スティホーム」になったことで

みんなの中で家に対する重要性や価値が変わったのではないかと思います。

改めて、日々の生活の当たり前な事に価値を感じる事が出来たのではないかと思います。

家に居る時間が長くなったことで、家を居心地よくすることにお金と価値を掛ける事に

必要性を感じたと思います。

コロナショックをマイナスにとらえず

暮らしや生活に携わる仕事をしている者として、

家での暮らしが快適で居心地がよいものになるように

暮らしの愉しみを追求して、少しでも暮らしが愉しくなるお手伝いで

豊かな時間と豊かな暮らしの提案をしていけたらと思います。

 

今年も家造りを通じて沢山のご家族と出会いがあり

関わってくださったお客様、業者様、社員に助けていただきました

感謝をお伝えいたします。 ありがとうございました。

 

年明けも早速お引渡し2件、着工2件、リフォーム、リノベーションと

慌ただしく始まります。

2021年も皆様に暮らしを愉しむをお届けできたらと思います。

皆様にとって素敵な一年になりますようお祈り申し上げます。

来年もシンプルホームをよろしくお願い致します。

 


暮らしを愉しむ

令和2年も残すところ10日を切りました。

年内にお引渡しを予定していました

飯塚市の現場が、先日無事にお引渡しを迎えました。

お引渡し当日は、今回ペレットストーブを設置していましたので

時期的にもちょうどよく

火入れ式も兼ねてのお引渡しとなりました。

今回のお客様も土地からのスタート

何度もプランを練り直し

この土地をどう活かすかを何度も検討を重ねました。

家造りで心掛けていることは

どんな暮らしをしたいか

この家で暮らし、家族が豊かな時間をもてるように

 

今回の家のコンセプトは、ご夫婦とも料理が好きという事で

キッチンスペースにこだわりのあるプランとしました。

キッチンに立つと庭との繋がりがもてるように

天井まである大きなサッシと

広いデッキがキッチン、ダイニングと繋がる

「庭との繋がりのあるプラン」がコンセプトとなりました。

この大きいサッシは全開口となるサッシを採用

天気のいい日は、さらに外部との距離が近くなります。

全開口するとキッチンスペースが広がったように感じます

お庭を眺めながらキッチンで料理

贅沢な時間です。

気候のいい夜にはデッキで愉しむことも出来ます。

ダイニング横に併設した和室は普段は開放して広がりをもたせます

お客様を和室に通す際には仕切れるように3枚戸が引き込みであります。

 

水廻りは、朝は明るく爽やかな洗面室になるように

上部に明かり取りを設置、

トイレも爽やかになるようなカラーを選定しました。

 

 

普段、家族が寛ぐリビングは

吹抜けで大空間とし構造材をあらわしとしました。

 

庭と繋がる明るいキッチンダイニングですが

夜は夜で間接照明などで雰囲気のある

空間となります。

 

暮らしを愉しむためには

沢山のヒアリングを繰り返し

オーナーが思い描く世界観を理解していかなくてはなりません。

それを実現するために、私達は

サッシや部材だったり

キッチンだったり

家具だったり

照明だったり

素材や色だったり

何百という物や事の組み合わせでカタチにしていきます。

オーナー様が思い描いていた世界観を実現出来たんではないかと思います。

お互い、大変な作業ですがこれこそが注文住宅の醍醐味です。

今回も「暮らしを愉しむ」をテーマとした家造りが出来たと思います。

 

 

 


地鎮祭

北九州市で始まる現場

建替えとなる現場は、解体作業から始まります。

ホームページのお問い合わせから始まったお付き合い

北九州から飯塚まで何度も打ち合わせに来ていただきました。

飯塚の小さな工務店に家を託していただけたことに感謝します。

 

解体工事が終わり先日地鎮祭が執り行われました。

 

ご夫婦とお子様二人となる4人家族に住まい

敷地45坪に41坪の2階建てが建ちます。

 

共働きとなるご夫婦の為のプランは

濡れずに家に入れるようにガレージがあるプラン

ガレージの上を中二階とし、そこにランドリースペースを設け

室内で洗濯物を干せるスペースと、乾いた洗濯物を直せる収納があり

奥様の家事を軽減できるプランになっています。

今回の住まいの外観は

S型瓦に塗り壁となる洋風の外観となります。

地盤調査で、補強が必要の判定が出ましたので

地盤補強工事から始まります。

来年の春には新居での生活がスタートです。

 

 


上棟

今年も残り僅か、残り25日となりました。

今回のブログは先日飯塚市で上棟した現場。

秋晴れの上棟日和となりました。

面積30坪のほぼ平屋となるプラン

 

ご夫婦とお子様3人の5人暮らしとなる

今回のプランは

子供室3部屋を確保しながら、収納スペースもしっかり取られたプラン

LDKスペースは23帖に勾配天井となる大空間となります。

30坪のスペースですが使い勝手や暮らしを愉しめる

デザインやアイテムを取り入れています。

弊社では、上棟後に現地で打ち合わせを行います。

図面上で打ち合わせをしてきますが、なかなかイメージが湧かないので

建物が建ちあがった、上棟時に電気配線やコンセント、スイッチ

棚などの打ち合わせを行います。

実際、建ちあがった現場でのうちあわせでは

「ここはこうなっているのか」「ここにもコンセントいるかも」など

図面では見えてこなっかった部分が理解できるので

大事な打ち合わせとなっています。

棟札も取り付けて、工事の無事を見守ってもらいます

来年のお引渡しに向けて愉しい家造りが始まりました。

 


上棟

寒くなったり、暑くなったり

まだ冬らしい雰囲気はありませんが

今年も残り40日となりました

今回のブログは飯塚市で建築中の家が

上棟となりました。

31坪の平屋の家となります

今回も、大工さん達の見事なチームワークで

どんどん建っていきます。

天気もよく、絶好の上棟日和

毎回、小屋裏につける棟札も準備万端です。

無事に上棟して、棟札を取付ました

これからの工事の安全祈願と住まわれる人の

今後の幸せを見守ってもらいます。

 

今回の家は平屋の寄棟のスタイル

 

軒を深くとった外観となります。

 

玄関とリビング前を軒を深く取り

水平ラインをすっきりさせました。

 

 

 

今回の住まいも床下エアコンとなる

全館空調の家となります

エアコン一台で家全体の冷暖房を賄います。

春の完成に向けて

気を引き締めていきたいと思います。

 

 


PARTNER

11月に入り、朝夕の寒さが一気に増したと感じています。

気付けばもう11月、今年も残り2か月となりました。

今回のブログはシンプルホームの新しいパートナーのお話し

今回、ご契約となりました住まいは

飯塚市で始まる新築となります。

 

お問い合わせいただき、モデルハウスのご案内から

のお付き合いとなりました。

 

土地探しからの家づくりで

まずは希望エリアと融資のご相談から

お互いに大体の方向性を決め、どんな土地探したらいいかを共有しあいながらの土地探し

 

そして今回決定した土地は、123坪の土地に42坪の住まい

現在はご夫婦お二人ですが

将来のお子様の為の部屋も考慮した間取り

室内インテリアはモダンスタイルをご希望されましたので

床をグレーに全体はホワイトで

アクセントになるように物はブラックで

生活感の見えないインテリアのご提案としました。

 

10帖ほどある吹抜けに

大きなサッシ、アイランドキッチン

スキップフロアなど実面積より

空間面積はかなり広いプランとなっています。

 

鉄骨の階段や渡り廊下、吹抜手摺りもアイアンで

シャープな雰囲気になるように

 

キッチンもブラックで

キッチン後ろの壁は全面タイル、

室内装飾窓などの色んなアイテムで

若い御夫婦に似合うお洒落な家が完成しそうです。

 

年内は地盤調査と地鎮祭まで

新年からにスタートとなります。

春には新居でお洒落な暮らしが始まります。